戎館でのお料理のご案内です


【お料理】

 当館のお料理は、山の幸やゆば、桜の香りを存分に感じていただける蒸しものやデザートに大変ご好評を頂いています。
お昼食もしくはご宿泊、とご予算とご要望に応じたコースをご用意させていただきます。

こちらでは、お料理の一例をご紹介しております。

「家庭的で、真心こめたおもてなし」をモットーにご満足いただけるお料理をご用意させていただきます。
戎館ではお料理やお茶に使う水にこだわり、吉野連山に涌き出る美味しい涌き水を使用しております。
野菜などは地元の農家に出かけ、新鮮なものを女将自ら吟味して仕入れています。
また、「体にやさしいものを」と前菜からメインのお料理まで、すべて手作り。
季節に応じて変わる、四季折々の旬の味覚をどうぞ。もちろんご予算に応じてご相談ください。
写真はあくまでも参考ですので、仕入れ状況、季節や時期によって変わることがありますのでご了承下さいませ。



[会席料理]


その他会席料理でお出しするもの・・・・・
 松茸の土瓶蒸し、いのししの一人鍋、黒米など

会席の締めくくりにお出ししているのは、「古代米・赤米/黒米」。2400年前の弥生時代に登場し、お赤飯のルーツです。小さくてちょっと歯ごたえがあって、珍しいのになんとなく懐かしい味です。お客様にも大変好評です。
タンパク質やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。特に黒米は老化を防ぐビタミンB2やE、中性脂肪を減らすナイアシンを多く含み、色素のアントシアニンには血管を保護して、動脈硬化を予防し、がん抑制を期待できる抗酸化作用があるそうです。
赤米
お料理の主役ではありませんが、必ずお出ししている食前酒。こんなふうに漬け込んでいます。
毎年女将が山へ出かけ、つんできたもの(かりん、ぐみ、野いちごなど)を漬け込み、食前酒にしています。



[季節限定料理]

鮎、あまごを使ったお料理*初夏季限定
国産地鶏のすきやき*冬季限定



[コース料理]

「吉野山で精進料理を味わいたい」、というお客様の声にお応えして生まれたコースです。吉野ならではの葛や山菜などの食材を使いました。*要予約 お昼食 3150円、ご宿泊12000円より。ご宿泊の場合、夕食がこちらのコースとなります。

ご昼食 

前半 11時30分から13時まで
後半 13時15分から14時45分まで

【夏の精進料理”花あかり”】

  • 付きだし 煮物 焼きもの
  • お椀
  • おつくり
  • 蒸しもの
  • 揚げもの
  • 茶粥
  • 香の物
  • デザート

*内容はそのときの天候や仕入れ状況により変動いたします。



[お弁当]


朝早くおでかけになるお客様 お昼にお弁当をご所望のお客様
お弁当をご用意します。

当館特製「竹の皮弁当」


※竹の皮弁当:昔吉野より和歌山へ材木を運ぶのに、吉野川・紀の川を通じて筏を組んで1日がかりで運びました。
この時筏師が抗菌性にすぐれた竹の皮で、弁当を用意したのが由来です。